電動アシスト自転車のスポーク交換

よくご相談いただく電動アシスト自転車のスポーク折れ対策をしました。


今回のご依頼の方は、遠方の相模原市からご来店です。

自転車を買った大手自転車チェーン店にも相談されたそうなのですが、具体的な改善策を提示されなかったとのことで、当店までいらしていただきました。

ありがとうございます。


車両はヤマハのWith(ウィズ)と、パナソニックのViVi(ビビ)DXです。

元々スポーク折れやすい車種ではありませんが、ご乗車される方の体重がかなりあるそうで、後輪のスポークがどうしても折れてしまうそうです。


今回の2台もそうですが、一般的な電動アシスト自転車の場合、

後輪に#13の2.2mmを使用しますが、

新聞配達等のビジネス用途の電動アシスト自転車に使われる#12の2.5mmに交換します。

たった0.3mmの差ですが、これが大きな違いを生みます。


もちろん絶対に折れないわけではないですが、強度が段違いになりますよ。

ただ、ニップル(スポーク先端のネジ)は補強のしようがないので、使用中にスポークよりもニップルが割れることはあると思います。スポークに比べてニップルは修理も簡単なので、時間もコストもあまりかかりません。


スポーク折れでお悩みの方は検討してみて下さい。

費用は¥10,900税込みです。(仕様により異なります)


ビビDX


With


後輪をバラバラにします


これが元々のスポーク


こっちが組み替えるスポーク


組み直します



できました